よくある質問 O&A

YTTに関して

全米ヨガアライアンスって何?
全米ヨガアライアンスとは、ヨガインストラクターの水準を定めたアメリカの非営利団体です。ヨガアライアンスにて認定されているYTTを修了すると、認定講師として登録することがでます。

誤解されがちですが、これはインストラクターとして必ずしも必要な資格ではありません。認定されていなくてもヨガを指導することはできますし、実際多くの方は持っていません。ヨガアライアンスに認定されているYTTは、カリキュラムの概要が厳しく定められているので、200時間のコースを修了しているということで、最低限の知識を学んだという基準になるのです。また逆に、コースを修了したからといって、指導することができるというわけでもありません。 200時間を受けることで、ヨガを学ぶにあたっての方向性を定めることができるのです。同じ200時間コースでも、教える先生やスクールによって内容は大きく異なります。まず自分の学びたいヨガがどのような形のものなのか、ヨガの何を特に学びたいのかということを明確にすることで、どのコースを受けるかという基準になるでしょう。

200時間のコースを受け、ある程度指導経験を積むと、500時間コースを受講することができます。これは必ずしも200時間を受けたスクールと同じでなくても良いのですが、多くのスクールは同じスクールでの200時間受講を前提に500時間プログラムを組んでおり、全く方向性が異なるスクールで受講するのは、難しい部分もあるかもしれません。

ヨガ初心者ですが受講できますか?
まず200時間コースを受ける際は、「1年以上、毎週定期的に、同じ先生のもとで練習している」という基準を設けています。これから指導をしていく立場になるためには、自分自身が指導される立場をよく知っておく必要があるからです。 自分と先生との良い関係を保つことで、自分と生徒との間に良い関係を作ることができるのです。
アカンダヨガのYTTは、「知識として学ぶ」より、「実際に体験する」ことを通して、ヨガの全体を理解していくことを目的としています。そのため、ある程度の基礎知識や経験があることで、より深い部分まで追求することができるといえます。

また、アシュラムで日常から切り離された生活を送るということは、内面的にもさまざまな変化を経験することが多々あります。
サムスカーラと呼ばれる潜在意識の部分が出てくることもあり、それは私たちが成長するのに必要なプロセスと考えられます。ただ、現時点で極端に感情的であったり精神的に不安定である場合は、逆効果のこともあります。その場合は、まずは他の方法で心を穏やかに保つことを優先させてください。

500時間コースに必要な受講資格は?
まずは、ヨガアライアンスに認定されているスクールにて、200時間コースを修了していること。
それから、アーサナ、プラーナーヤマ、哲学や瞑想について、1年以上の指導経験があることを受講資格としてご案内しています。
500時間コースでは、指導方法や、上級向けのテクニック、ヨガ哲学の深い部分について更に深く追求していきます。
指導経験を重ねる中で生まれる疑問を更に追及したり、深い知識を必要とする方のためのコースです。

英語が全くわかりません
日本語サポートは行っていますが、先生からの指示やアシュラムでの生活、他の受講生との交流は英語で行わなくてはなりません。 どうしても英語がわからないという方は、英語がわかる方と一緒に受講するか、専属の通訳を依頼してください。
また、500時間コースでの日本語サポートは行っておりません。

コース終了後、デリーまでの移動は?
通常、コース修了予定最終日に卒業式が行われます。その後自由解散となり、アシュラムに続けて滞在する人、旅行に出かける人、すぐに帰国する人、他のゲストハウスやアシュラムに移る人、そのときや人によってさまざまです。 それでも、修了後すぐに空港へ向かう人も多く、アシュラムでタクシーを手配し、タクシー代を頭割りしてデリーまで一緒に向かっています。現時点では、誰がいつどのように移動するかはわかりませんので、コース修了近くなったころに受講生の動向を聞きながら、
必要な人にはタクシーの手配を行っていきます。

持ち物は何を準備したらよいですか?
お申し込みの際、コースに必要なものを書いた資料をお渡ししています。
コース開催の時期に合わせた服装や、滞在中あると便利なもの、現地で手に入るものなどを詳しくご案内します。
ヨガマットは現地でも手に入ります。

ビザの申請について
観光ビザを申請してください。申請する際に「ヨガを学ぶ」ということを渡航目的に記入すると「ヨガビザ」や「学生ビザ」の申請を
するように言われることがあるそうです。このコースではヨガ・学生ビザの取得は出来ませんので、ご注意ください。
ビザの申請は住居地によって異なり、東京か大阪で申請することになります。現在は大使館や領事館ではなく、民間委託されているようですので、常に最新情報を確認の上各自で申請してください。
旅行会社や代行業者も多くありますので、時間に余裕のない方や、調べるのが面倒な方は、そちらを利用されるのが便利だと思います。
地球の歩き方などのガイドブックにも、申請方法が詳しく記載されています。

アシュラムに関して

ヨガ初心者ですが、アシュラム滞在は可能ですか?
もちろん可能です。アシュラムに来て初めてヨガを体験するという方も少なくありません。
ただし、アシュラムという場所は「修行の場所」であるので、クラスへの参加は必須です。他のアシュラムでは、滞在だけの受付をしているところもありますが、こちらのアシュラムではお断りをしています。
また、いくつか守っていただきたいルールもあるので、ご協力をお願いします。

日本語のクラスはありますか?
定期的な日本語のクラスは行っていません。私の滞在中には、質問などにお答えすることができる場合もありますが、レクチャーはYTT参加者のみ対象となっています。

1日だけの滞在もできますか?
アシュラムという施設の性質上、一週間以上の滞在が望ましいと考えられています。2014年11月現在、最低滞在日数は設定されていませんが、最新情報については一度アシュラムに直接お問い合わせください。

予約は必要ですか?
春や秋のオンシーズンに滞在予定の方は、あらかじめ予約をされることをお勧めします。
アシュラムのメールアドレス anandprakashashram@gmail.com まで、英語でご連絡下さい。
滞在する方のお名前、性別、到着予定日、滞在日数などがあれば大丈夫です。
YTTが行われる時期は、アシュラムは満室となります。その場合には隣接するゲストハウスに同じ条件で宿泊することが可能です。

クラスだけの参加はできますか?
朝6:00から、夕方16:00から、それぞれ150ルピーで受講可能です。YTT開催時には変更になることもあります。

お勧めのアシュラムやゲストハウスを教えてください。
リシケシには、さまざまな形態のアシュラムやゲストハウスが数多くあります。滞在のいちばんの目的が何かということが明確であれば、滞在先も探しやすいでしょう。
宿泊も、100ルピー以下から、数千ルピーまで幅がありますので、実際にいくつか回り、確かめていただくのがいいと思います。バックパッカーの経験があるかないかにより、許容範囲が大きく変わってくるようです。

アーユルヴェーダができるところはありますか?
マッサージを受けられるところがいくつかあります。1時間500ルピー程度から、パンチャカルマとして本格的に受けられるような、2000ルピーを超えるところまで様々です。アーユルヴェーダを学びたい方向けにも、マッサージだけを教えているところから、基礎から教えているところまで幅があるようです。

広告