今年も行ってきました。

お仲間と成田で合流し、そのままデリーへ。
始めてANAのインド線を利用しましたがやっぱりいいなぁ。日系の航空会社。
機内ではPKを観ましたよ。ボリウッドで機内からインド気分を上げます。

デリーには深夜着だったので、おなじみパハールガンジで一泊しまして、
そのままハリドワールのアシュラムに向かいました。
ここは私がヤントラやアーユルヴェディッククッキングを学んだ場所です。

やはりいいですね。静かで、毎回朝日を眺める度に心が洗われる思いがします。

IMG_2654 IMG_2638

IMG_2705 IMG_2700

ドゥニと呼ばれる場所に40年近く火を絶やさず管理しているアシュラムは稀とのこと。
訪れるババと呼ばれる修行者たちも喜びを隠し切れない様子です。

今回会ったババもとても優しく暖かく、面白い人でした。

実際アシュラムで何をしているかと言いますと、
朝、法螺貝の音で起き、
瞑想をして、アールティをして、
ガンガへ散歩し、ヨガのセッションを受ける。
おいしい朝ごはんをいただいたら、
アシュラム内への奉仕活動(具体的にはお掃除のことが多いですが)として、
カルマヨガをし、
おいしいランチを食べて、
本を読んで、
夜の座学に出て、
またおいしいごはんをたべて、
アールティをして、
プラサードをいただいて、
明日に備えて寝る。

朝4時起き、夜9時消灯のサイクルです。

単調で平穏そのもの。
意外と飽きずにできるもので、
このサイクルに沿って生活していると、お肌がむちむち、しっとりしてきます。
食べ物がよいということもあるのですが、私にとってはアールティもよいのかもしれません。
毎日2時間近く声を出し続けることはなかなかないですから、良い余剰エネルギーの発散になっているように思います。

こちらのアシュラムにはアーユルヴェーダのお医者様もいらして、
希望すればセッションを受けることができます。

私のアーユルヴェーダクリニックの体験談ですが、
リシケシやデリーで何軒かクリニックにかかりましたが、どれもしっくりこず。
去年受けたパンチャカルマで出会ったコインバートレのお医者様はとてもすてきでまた彼に会いに行きたいと思いますが、入院となるとなかなか腰を上げれず。。。

去年いただいた処方箋を基に、脈診と新たな処方をしてくれるここのアシュラムの先生(女医さんです)は、
人柄が暖かく、アドバイスも的確で信頼がもてます。
今回処方していただいたお薬は体質に合っていたようで、
現在飲み始めて半月ほどですが慢性化していた副鼻腔炎が改善されてきました。

今回の旅で、アーユルヴェーダを深めてみたいなと感じることが多く、
来年はそこを目指して動こうかな。と思ったりしています。
それとは別にまた新たな目標も見つかりましたしね。

IMG_2717

帰るころにはふたりともピカピカになりました。
頼りがいのあるアメリカンレディーとジャパニの集合写真。

楽しかったです。

広告