ハリドワールのアシュラムについて1

ハリドワールでいつも私がお世話になっているアシュラムは、
駅からリキシャ―で15分程。

ここの主だったババジ・マタジに魅了されて、
今でもインド人も西洋人も多く訪れる静かな場所です。
ババジとマタジの子であり、弟子である3人の兄弟が、
この場所を今は運営しています。
3人とも素晴らしいヨギー、ヨギーニです。
リトリートの名にふさわしく、周りにはなにもありません。
あるのはジャングルとガンガ。ローカルのお店。
地元のお店ではあまり英語が通じなかったりすることもあります。

( アシュラムのルーティンについて)
4:00 起床
4:30 瞑想
5:00 モーニングアールティ
7:30 アサナクラス
9:30 朝食
10:30 カルマヨガ(清掃)
12:30 昼食
15:00 チャイ
15:30 クラス
19:30 イブニングアールティ
21:00 就寝

季節によって変化しますが、まいにちこんな感じで動いてます。

IMG_2654

アールティからアサナクラスまでの間に時間があるので、
その間にジャングルを抜けてガンガに沐浴をしに行きます。
すると朝日が拝めます。とてもきれいです。

希望者はこの間にアーユルヴェーダのコンサルテーションを受けたりもできます。
私が受けたときの体験談はこちらからご確認ください。

あとはごはんの件、
アーユルヴェディッククッキングの先生、マンダーキニが作ってくれるごはんは、
アシュラム食でもあり、家庭の味です。食べるとほっとします。

朝のメニューは、スタッフドパランタに自家製ヨーグルト、フルーツ、
ポリッジと呼ばれるおかゆや、ウプマ、サブジを挟んだホットサンドのこともあります。
昼のメニューは、ダール、サブジ、ライス、サラダ、バターミルク等、
夜のメニューは、昼のメニューと同じような感じ、もしくはキチュリだけのときもありますね。

お野菜は、できるだけアシュラムの敷地内での栽培でまかなうように、
毎日摂取するミルクは敷地内で飼っている牛から毎朝しぼりたてのものをいただきます。

まずは子牛に、その後人間の分を絞らせてもらう。

「私達は毎朝牛に感謝して世話をして、子牛が飲めない余った分を必要なだけ分けてもらうのよ」

と、いうのは去年サマーディに入られたマタジの言葉です。
それがここのルール。
サトヴィックであるとはどういうことか、考えさせられます。

広告

ハリドワールのアシュラムについて1” への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。