ひとりぐらしのスパイス料理①

カファ増大で、おひとりさまカレー期間を設ける案。
一人暮らし用のミニキッチンにてどれだけできるか挑戦しています。
なんせスペースが限られているので難しい。コンロも1つのみ。

ある晩のメニュー

辛くない小松菜のカレーとごはん。

image

スパイスボックス内に、ターメリックとチリが無かったので、
その分フェヌグリークパウダーとこしょうを増量しました。
なので正しくは「辛くない」というより、「辛くできなかった」カレー。
もちろんカレーペーストから手作りです。

カレーペーストをつくるのはそんなに難しい作業ではありませんが、
少し時間が必要です。約20分位玉ねぎを炒め続ける必要があります。

※材料※
玉ねぎ1個・トマト1個・にんにく
クミン(ホール)・コリアンダーシード(ホール)・フェヌグリークパウダー・ブラックペッパー粗挽き&細引き・塩と砂糖

気づいたらチャイ用のスパイスばかり集めていて、ターメリックやヒーングが在庫切れでした。コリアンダーもホールしかなくてどうなるか不安でしたが、なかなかおいしかったです。

小さい頃、「大きな森の小さな家」というアメリカの児童小説シリーズが大好きで、物語に出てくるお菓子にスパイスの名前があると何故かときめきました。なので今もスパイスを扱うのは好き。
日本食ではスパイスを用いる機会は少なく感じますが、基本を覚えてしまえば思っているより難しくないですね。
私はインドでウッタラカンドとラジャスターン地方の2つのお料理教室に合計1か月ほど参加しました。家庭料理でのスパイス使い方を垣間見たおかげでだいたい使い方のイメージはつくようになったと思います。
日本でいうと、だし×醤油×みりんの割合を変えることでお肉、お野菜、豆腐の味付けに変化をつける感覚に似ていて、スパイスを調理する時に気を付けることは、焦げやすいスパイスなのかどうか、香りを立たせたいのか、馴染ませたいのかを明確にしておくこと。それによってスパイスを投入するタイミングを変化させます。あと、油の使い方も少し日本のものとは違います。(それについては長くなりそうなので次の機会にします。)

今回はフェヌグリークパウダーを増量してペーストを作りました。
食した翌朝くしゃみと粘液が止まらなくなり、気がついたら鼻腔の中にたまっている不快な粘液が一掃されました。
調べたらフェヌグリークパウダーにはピッタを上げ、ヴァータを下げる性質があり、ブラックペッパーには粘液を液化させる作用があります。このバランスが今の私の状態(ヴィクリティ)にうまく働きかけたようです。

美味しかったです。ごちそうさまでした。

広告

ゆらぎを楽しむ余裕

インドから帰国後カファ増大。粘液の排出がすごい。
持ち帰ったお薬の服用と同時に食生活も節制モードに入りました。
こういった不調は、昨年急性服鼻腔炎を患ってからです。
それまではジャラネーティも真面目に毎朝してまして、
鼻炎で苦しむことも無くなっていただけに気持ち悪さが長引いているのが苦痛。

IMG_2735

氷砂糖抜きのモロッコミントティー。
節制モード1週間でかなり改善されてきました。

 

苦痛な中でも面白いなぁと思う発見もありました。
例えば朝寝保した後の粘液の排出量。グラタンを食べたり、ラテを飲んでも似たような反応が起こります。
いずれもカファの質を乱すものですね。身体は正直です。

アーユルヴェーダの教えをあてはめて考えると納得する現象が多いなぁと思います。もちろん全てではないのですがね。
特に日本に帰ってきて、スパイスを食べる機会が減っているのも不調の一つのような気がしているので、
しばらくおひとりさまカレー期間を設けてみようかな。

カレーといえば。
東京は御茶ノ水でアーユルヴェーダ&ヨガスタジオKhooを主宰されているOtoe先生が、
メロウヨガスタジオでアーユルヴェーダの講座をしてくださることになりました。
パン屋さんをはじめ、Otoe先生の周りにはおいしいものが集まると私は勝手に思っていまして、
今回の講座にはクッキング講座も入れていただきました。
私が楽しみで仕方がないという始末です。

ご興味がある方はぜひ一緒に勉強しましょう♪
!こちらから講座内容へジャンプ!

アーユルヴェーダの診察@ハリドワール

アシュラムで診察してもらう時。

朝から絶食状態で脈診をしてもらいます。
アシュラムのルーティンでいうと朝のアールティ直後です。
その後、先生のコンサルテーションが図書館で行われます。
1人につき約45分程度。
なので1日2名限定です。
IMG_2700

私の今回の主訴は副鼻腔炎による呼吸の浅さだったのですが、
前回パンチャカルマ後に処方されたアシュワガンダやギー等が、
過剰なヴァータをバランスするものだったので、基本全てペースト状でした。
ただ、それが私の本来の質(プラクリティ)からすると、重くなりすぎてしまうものだったので、
過剰な粘液として生成されてきており、またアグニも弱っている。
今回はパウダー状のものや、タブレットといった乾燥したものを処方するので様子を見ましょう。
というアドバイスでした。

その他の生活上の養生ポイントは、
・ミルクを控える(バターミルクは可)
・食前にひとかけらの生姜をいただく
・足裏のオイルマッサージを毎晩する(セサミオイル)
・黒ゴマを炒ったものを擦って、全ての食事にふりかけていただく

といったもの。
吹き出物もアグニの異常から来るものらしい。

IMG_2732

いくつかお薬を処方されたので、近くのお店でご購入。
ついでに日本でいただく予定、使用する予定のお薬をリシケシで入手しました。

IMG_2730

このシリーズのシャンプーやリンス、好き。
今回はアロエベラジェルも購入してみました。

リシケシはずいぶんと便利になっています。そして、ハリドワール界隈でも何か手に入らないものがあれば、
プンディルジェネラルストアに行けばあるかもしれない。とささやかれていました。
また、ラムジュラのタクシースタンド近くのドラッグストアには、南インドで処方される特有のお薬も置いているようですね。
アーユルヴェーダのお薬を買うには困らない環境です。

お薬を飲み始めて半月が経ちましたが、調子がずいぶんと良くなってきたので有り難い限り。
またお薬の感想は別途記事にしようと思います。

アーユルヴェディックキッチンファーマシー@京都+チャイの時間@池田

この2日間京都でアーユルヴェーダのお勉強をしてきました。
今回は体質毎の食養生やデトックス方法、スパイスの活用等がテーマ。
知りたかった内容だったので、講座を発見して即申込み。
いやー。楽しかったです。

アーユルヴェディッククッキングのお勉強は久しぶり。
Dr. ミナクシ先生がインドから持ってきてくださったスパイス達。


五元素からドーシャ、ドーシャのアンバランスを調和させる方法。
各スパイスの性格やそれらを用いたお料理の実習等。
たっぷり内容が詰まっていましたが、頭がパンパンにならなかったのは、
先生やオーガナイズしてくださった方々の雰囲気が柔らかく、
リラックスして受講できる環境が整っていたからだと思います。
先生やオーガナイズしてくださったみなさま、
あの場所にご一緒してくださったお一人毎に感謝申し上げます。

パンチャカルマを受けていた時も、
毎朝の診察の時にアーユルヴェーダの基礎知識に対して、
個人指導のような時間を設けていただいていましたが、
やはり体系づけて学ぶというのも大切だと思いました。
今年の後半はアーユルヴェーダ関連のイベントをスタジオで計画していることもあり、
もう少しこの分野に対して学びを深めることになりそうです。

そして、昨日得た知識を基に、ヴァータとカファをバランスするチャイを作ってみました。
今日から2日間チャイワ-ラ-として稼働します。

azure Market @池田

なかなかの即効性。飲んで即!粘液が一掃されたように感じます。
秋の花粉が始まって。。。というお話しもお聞きしますので、
もし気になる方はレシピについてもお話ししますのでお気軽にお声かけください。

私はチャイだけでなく大人気のKamyaのヨガパンツの売り子としても参加しております。
お時間のある方は、ぜひ!遊びに来てくださいね☆

Yoga Sattwa ヨーガサットワ 募集開始します☆

細々と練っていたことのうちのひとつ。
ようやくお披露目することにいたしました。

時間が空いたとき、ヨガに通う。
徐々に体が変わってきた。ココロとの向き合い方も変わってきた。
興味のあるWSに出るのも楽しい。
でも、自分で練習する。となるとどうしていいかわからない。

なんてお話しをよく耳にします。

グループレッスンももちろん大切です。
でも、ある程度まできたら自己練習にも重きを置きたいもの。
このシリーズでは、自分の練習が自分で安全にできるようになるための知識の提供と、
モチベーション維持の為の集いを目的としています。

flower

≪内容≫
・シンプルなアーサナの練習(アーサナ10~15個程度+太陽礼拝)
・基本の呼吸法
・基本の瞑想法とエクササイズ
・基本のクリヤ
・ヨガ哲学の基礎
・サトヴィックな食事のガイドライン
(基本のファスティング)
・ヨギックライフスタイルとは?

以上を7月から半年間かけて学び、体感していくシリーズクラスです。
同じ時期にスタートして、同じ時期に終了しますので、
ポーズや呼吸法などその段階・その季節に合ったものを提供していきます。
毎回宿題もあります☆

<対象>
ヨガがまったく初めての初心者の方から、
ある程度練習を積んできた方までを対象にしています。
ヨガインストラクターを目指す方にも、良い土台作りとなるでしょう。
<日時>
祝日または土曜日:14:00~16:00(120分)全10回
7月25日(土) 8月8日(土) 8月22日(土) 9月5日(土) 9月19日(土)
10月17日(土)10月31日(土)11月7日(土)11月21日(土) 12月12日(土)
(一部日程変更がある可能性があります)
<場所>
mellow-yoga*studio 阪急川西能勢口より徒歩3分
<費用>
¥42,000(全10回)
早期申込み特典:6月25日までにお申込みの場合2000円割引となります。
定員:7名
最低開催人数:3名
<担当>
FUKUKO

*上記日程で合わない日程がある場合はご相談ください。
スタジオ開放日(月or土)に座学の補講と、宿題をお知らせいたします。

お申込み・お問合せは
メロウヨガスタジオのお問合せフォームよりどうぞ

ギーターとヨーガスートラに見るパンチャマハーブータ

地 水 火 風 エーテル 
心 知性 我念(アハンカーラ)-
わたしから分離散開した物質自然(プラクリティ)はこの8つで形成されている

この低位エネルギーのほかに アルジュナよ
わたしは高位エネルギーを持っている
これが生命エネルギーであり
宇宙万有を支えているのだ
『神の詩 バカヴァッドギーター』 Ⅶ-4・5 田中かん玉訳 より抜粋

パンチャマハーブータ(五元素)とは、上記の最初に記述のある
地 水 火 風 エーテル(空)のこと。
アーユルヴェーダを学んでいると必ず出てくる概念です。
また、私達ハタヨギーたちが意識していきたいポイントでもあります。

パンチャマハーブータについて、ヨーガスートラではこのように描写されております。

見るものと見られるものとの結合こそが、除去すべき苦の原因である。(Ⅱ-17)
見られる者とは、照明、行動、鈍重の性向をあわせそなえ、物質元素と知覚、運動の器官とから成るものであって、真我の経験と解脱とをその目的としている。(Ⅱ‐18)
『ヨーガ根本経典』佐保田鶴治著より抜粋

ギーターでは、五元素を含むプラクリティの展開について論じ、
スートラでは、その展開を逆に追っているのがよくわかりますね。

それをふまえてチャクラと五元素、それに対応している器官を見てみましょう、

image
第五チャクラ ヴィッシュッダチャクラ
位置:喉 元素:空 色:スモーキーパープル
ヤントラの形:三日月 音:HANG 花弁の数:16
感覚:音 感覚器官:耳 働く器官:口 支配天体:木星

cropped-image3.jpg
第四チャクラ アナハタチャクラ
位置:心臓の場所 元素:風 色:無色・グレー・スモーキーグリーン
ヤントラの形:六芒星 音:YANG 花弁の数:12
感覚:触覚 感覚器官:肌 働く器官:手 支配天体:金星

image
第三チャクラ マニプラチャクラ
位置:臍の位置にある脊柱 元素:火 色:赤
ヤントラの形:下向きの赤い三角 音:RANG 花弁の数:10
感覚:視覚 感覚器官:視覚 働く器官:目 支配天体:太陽


image
第二チャクラ スワディスターナチャクラ
位置:下腹部・生殖器 元素:水 色:水の色・白
ヤントラの形:丸、水が滴っているような円形 音:VANG 花弁の数:6
感覚:味覚 感覚器官:舌 働く器官:生殖器 支配天体:水星

image
第一チャクラ ムーラダーラチャクラ
位置:会陰 元素:地 色:黄色
ヤントラの形:四角 音:LANG 花弁の数:4
感覚:嗅覚 感覚器官:鼻 働く器官:肛門 支配天体:火星

一応、チャクラ毎に対応している天体があるので、
描いたりワークするのに適している曜日もあるんですよ。
そういうのを気にしすぎてると何もできなくなってしまうけど、
知っておくと役立つこともあるかもしれないですね。

五元素を認識する図や概念として、
チャクラが分かりやすいと思い例として挙げましたが、
チャクラやヨーガに限らず、私たちにできることといえば、
粛々と、丁寧に心身と身の回りを扱うことに尽きます。
ヴィシュワジの言う Life is routine ってやつです。
それが既にできている方は、おそらくヨーガなしでも十分健やかな状態でしょう。
反対に、ちょっと体調を崩してる、調子がいつもと違うと思う時、
自分のルーティンを見直すのと同時に、
五元素の概念と照らし合わせてみるのをおすすめします。

一人一人体質もちがえば環境も違います。
状況に、各々に合った方法を見つけるのに役立つ指針となるからです。

あと大切なのは、背景にある哲学を知るように心がけること。
それによって、何かに拘る、固執することが減るように思います。
急には少し難しいかもしれませんが、徐々に、少しずつ学んでいきたいものですね。

デトックス期間突入~ランチボックスでデトックススープを作る

最近食べ過ぎです。

妙にごはんがおいしくて、家でもなんでもおいしくいただいているだけでなく、
先週、少し遅いけれど、と、お誕生日のお祝いで、父に連れられ串カツ屋さんに。
翌日はパーティー。ピザ、インド料理etc…楽しかった。美味しかった。

が、

気づけばおなか回りとお尻が重い。
アーサナの練習の時に下半身が重すぎる。アームバランスがしんどい。
連日の食べ過ぎだけでなく、日常の、特に小麦粉の食べ過ぎが祟っていると自分でわかります。
だって、パンとコーヒーがおいしいのだもの。

でも、くしゃみが出てきたり、お通じがなーんか良くない。と、感じる変化もありまして、
これはぼちぼちなんとかしないかんと一念発起。
今日から野菜スープ期間突入です。

11101996_940099352688007_74283551_n 11142147_1432372310393093_1077017102_n

私はヴァータ質が乱れやすいので、
半断食するときのスープは野菜とクミン、若しくはアジョワンとごく少量の塩で作ります。
オリーブオイルかギーでスパイスをタルカしてから、
固いお野菜から軽く炒めて油を回し、その上に柔らかいお野菜(かぼちゃやトマト)を乗せて蒸します。
全体に軽く火が通ったら、お水を入れ、弱火で煮る。
最後に味を調整していただきます。

今日は、ゴボウとにんじん、玉ねぎ、トマト、かぼちゃのスープでした。
甘くておいしい。
でもカラダを軽くしたいなら、根菜類もう少し減らしてもいいかもな。
明日はほうれん草のスープにしよう。

ちなみに、ひとり分のスープや薬草を煎じるときはこのゼブラの弁当箱が鍋替わりです。
タイのマーケットで購入しました。重さもサイズも好みにぴったり♪
なんせ鍋として使えるので、旅先にも持って行くのに重宝しています。おススメ。

断食は、ドーシャ別に
ヴァータ  :野菜スープ(1日1回)
ピッタ   :ココナツウォーター
カファ   :白湯
の断食を実行するのが良いのだそう。
去年の京都リトリートでヴィシュワジが言ってましたね。

あくまでも私の場合ですが、消化力が弱っていたり、
胃腸が疲れている時はみぞおちのあたりが固くなっていまして、
断食をして、空腹の時間を長めに取ると、その部位が明らかに柔らかくなります。
おなかがやわこくなったらそれが回復食のサイン。

さて、今回の断食はどれくらいの長さになるかなぁ。。。
お尻、軽くなるといいなぁ。

***************************
2015年5月5日(祝) 川西でインド・リシケシのアシュラム体験☆
お時間が合う方、ぜひふらりとお立ち寄りくださいまし。
チャイを飲みながら、インドの四方山話に花を咲かせるという会です。
2015年9月にリシケシで開催されるYTTの説明も兼ねております。

***************************
☆アカンダヨガティーチャーズトレーニングコース☆
2015年9月24日~10月23日
インド・リシケシでのアカンダヨガティーチャーズトレーニングコース(RYT認定)
日本語サポートをメロウヨガが担当します。
ヨガの聖地リシケシで、アシュラムで生活をしながらヨガを学んでみませんか?
ご興味のある方はリンクをご確認ください。
***************************