インド滞在記2015 ハリドワール&デリー

今年も行ってきました。

お仲間と成田で合流し、そのままデリーへ。
始めてANAのインド線を利用しましたがやっぱりいいなぁ。日系の航空会社。
機内ではPKを観ましたよ。ボリウッドで機内からインド気分を上げます。

デリーには深夜着だったので、おなじみパハールガンジで一泊しまして、
そのままハリドワールのアシュラムに向かいました。
ここは私がヤントラやアーユルヴェディッククッキングを学んだ場所です。

やはりいいですね。静かで、毎回朝日を眺める度に心が洗われる思いがします。

IMG_2654 IMG_2638

IMG_2705 IMG_2700

ドゥニと呼ばれる場所に40年近く火を絶やさず管理しているアシュラムは稀とのこと。
訪れるババと呼ばれる修行者たちも喜びを隠し切れない様子です。

今回会ったババもとても優しく暖かく、面白い人でした。

実際アシュラムで何をしているかと言いますと、
朝、法螺貝の音で起き、
瞑想をして、アールティをして、
ガンガへ散歩し、ヨガのセッションを受ける。
おいしい朝ごはんをいただいたら、
アシュラム内への奉仕活動(具体的にはお掃除のことが多いですが)として、
カルマヨガをし、
おいしいランチを食べて、
本を読んで、
夜の座学に出て、
またおいしいごはんをたべて、
アールティをして、
プラサードをいただいて、
明日に備えて寝る。

朝4時起き、夜9時消灯のサイクルです。

単調で平穏そのもの。
意外と飽きずにできるもので、
このサイクルに沿って生活していると、お肌がむちむち、しっとりしてきます。
食べ物がよいということもあるのですが、私にとってはアールティもよいのかもしれません。
毎日2時間近く声を出し続けることはなかなかないですから、良い余剰エネルギーの発散になっているように思います。

こちらのアシュラムにはアーユルヴェーダのお医者様もいらして、
希望すればセッションを受けることができます。

私のアーユルヴェーダクリニックの体験談ですが、
リシケシやデリーで何軒かクリニックにかかりましたが、どれもしっくりこず。
去年受けたパンチャカルマで出会ったコインバートレのお医者様はとてもすてきでまた彼に会いに行きたいと思いますが、入院となるとなかなか腰を上げれず。。。

去年いただいた処方箋を基に、脈診と新たな処方をしてくれるここのアシュラムの先生(女医さんです)は、
人柄が暖かく、アドバイスも的確で信頼がもてます。
今回処方していただいたお薬は体質に合っていたようで、
現在飲み始めて半月ほどですが慢性化していた副鼻腔炎が改善されてきました。

今回の旅で、アーユルヴェーダを深めてみたいなと感じることが多く、
来年はそこを目指して動こうかな。と思ったりしています。
それとは別にまた新たな目標も見つかりましたしね。

IMG_2717

帰るころにはふたりともピカピカになりました。
頼りがいのあるアメリカンレディーとジャパニの集合写真。

楽しかったです。

広告

試行錯誤の日々

基本的に機械物に弱いです。

でも、こういうお仕事をしていて、やらないとはじまらないのでしぶしぶやってます。
特にブログやホームページを触っていて感じるのは、オーガナイズする力の欠如について。
思いつくままにわーーーーーーーーと、物事を広げていく癖があるので、
まっさらの所から何かを生み出すのは得意。
でも、出てきた何かを維持したりメンテナンスしたり、
またあるべき場所に治める、という作業がひどく苦手。

466

そんなときには、ふと昔の写真を見て現実逃避してしまいます。
これはリシケシのシヴァナンダアシュラムからのガンガ。

今、スタジオのホームページをメンテナンスしていますが、
今まで積み重ねてきたスタジオのブログと、
このブログをどうホームページにリンクさせようか試行錯誤しております。
スタジオのブログは全部HP内のブログに纏めてしまって、
今後も継続して行う予定のあるWSやトレーニングのみを掲載していくことになり、
このブログはヤントラと個人的日記とインドグッズのご紹介という方向に持って行きたいのですが、
これがなかなか。

整理する過程の中で、過去のブログ等を見直してみると、
無駄な動きというか、足掻いている跡が見えてほほえましくも恥ずかしいものです。
もう少しスッキリと見やすくしたいのですが、
こんな風に混乱している在り方もまた私らしくてありなのかもしれません。

あ、でも良い流れもいっぱいやってきています。
来月は、お友達のYayoiさんが大阪にやってきて、
スタジオにKamyaのヨガパンツ を持ってきてくれます。
私は彼女の作るヨガパンツがとても大好きで、
去年のインドへの旅でも持って行っていました。
本当にかわいくて着心地がよいので猛烈におすすめです。

ブログやHPでおすすめするというのも、
本当に自分が好きで、人に勧めたい!と思うものしかしたくないなぁ。
そしてそう思ったら、そうしたらいい。誰に縛られるものでもないから。
そういう面では、やっぱりこのお仕事は気楽だな。

たまらない愛情

最近、ふっと気が遠くなるような位幸せだなーと感じる瞬間がありました。
たまらなく、すべてが愛しい!みたいな感じ。

その時は、ただ電車に乗っていて。
目の前いる知らない人も、縁あって私に関わってくださっている人も、
各々の場所で自分の信じる道や与えられた役割を
各々のやりかたで、いろいろあるかもしれないけど全うしようとしているわけで、
そう考えたら、もう、この瞬間が素晴らしくて、
もうそれでいい。いてくれてありがとう!みんな!

みたいな。

字面にすると少しヤバい匂いがしますが、
一瞬そういう感覚がやってきたのです。

誤解が無いように。
基本的に私、腹黒な上に自己中心的なので、
無条件の愛とか無理ー。集団行動とか無理―。
誰とも関わらず引きこもっていた方が楽。
と、素で思っているタイプです。

前日に「人や物との繋がり」という話をクラスでしたばかりだったからかもしれません。
何かとの関わりにおいて、否定的なエネルギーがあるとそこに引きずられがちなので、
上辺だけでは意味がありませんが感謝というものに転換できると楽ですね。
そのための練習として、私達の祖先や先生やそのまた上の世代に対して意識を向け、感謝をする。
というアクティビティが2年前リシケシの500時間のYTTでありました。
ガンガにラドゥーのようなものとマントラを捧げ先祖供養をするというものでしたが、
じいちゃんもばあちゃんも、孫がガンガのほとりで自分たちのことを考える日がやってくるとは夢にも思っていなかったことでしょう。
まぁ、何かしら自分と関わりがあるものに否定的ではない思いを馳せるというのはよいものです。
じいちゃんばあちゃんも喜んでくれていたと思いたい。

ヨガにしたって何にしたって、
「目の前のものに丁寧に向き合う。」
ということが大切なのだけど、
それはその裏に何かしら私達を私達たらしめる意識が潜んでいることに気づく為の儀式というか、
前座的なものなんじゃないかと思うのです。

例えば、「いただきます」というのは、
ご飯を作ってくれた人にありがとうという意味だけではないですね。
そこにその食べ物が揃うのにたくさんの人が介在していたり、
天候の条件や色々なタイミングが重なっているから目の前のものが出来上がっている。
「これ、その全て」が有り難い。その私達の想像を超えた全てに感謝。
という意味だと思います。
だからその儀式とかマントラ(ここでの「いただきます」)をまずはやってみて、
そこにチューンを合わせて、その背景を感じていくことが大切なんだと思っています。
その「背景を感じる」というプロセスがないと、
ただのマナーとか、挨拶という形だけのものになりがち。
もちろんしないよりましなんだけど、もったいない気がするなぁ。

その全て、というのが信仰によって神になったり仏になったりするんでしょうね。

実家に仏壇はありますが、特定の信仰を持ち合わせていない私。
それらを肌でありありと感じたのは、インドに初めて行ったときからです。
現地の友人が、朝、お店を空ける前にお祈りを欠かさない。というのは、
祖母が毎朝お経をあげるのに似ている。と思いました。
トレーニングで、初めてバクティヨガ(信愛のヨガ)の存在を知って、
ちょっと理解できない。とも思いました。

それは、あまりに日常にあるもので見逃していた、
無意識の中にあるものなのかもしれないなぁ。
また、「インドの光」でも読み返すと気づきがありそうな気がします。

700

はじめてのインド旅行、タージマハル(お墓)にて写真撮影大会の一コマ。
楽しそうだけど、なんか今考えると罰当たりな気がする。。。
とりあえず、今年のお盆は実家のお墓参りに行こうっと。

川西でインド・リシケシを体験する

タイから帰国して1週間。何が忙しいわけではないのですが、ばたばたと過ごしています。
すぐレッスンに戻ったり、友人達と久しぶりに会い近況報告したりと、ごくふつうの日常を送っておりますが、
自営業というのもあって、よほど気を付けないと生活リズムが崩れがちになります。
早寝早起き、心がけねば。

さて、今回の4月4日の満月・皆既月食の日はみなさん如何お過ごしだったでしょうか。
私は数年間持ち越してた呪縛が知恵の輪のようにほどけるという体験をしました。
これを満月の所為にするのは安易かともおもうのですが、今回は
「満を持して!」
という感じがあったんですね。
ドラマだったら、効果音がぱぱーん♪と鳴り響くような感覚(笑)

それを体感している数年間は決して心地よくはなかったのですが、
ぱぱーん♪と効果音が鳴り響いた瞬間、あぁ、その期間が準備期間だったのだなと。
伏線はずっと前からあるのですが、意識してそれを扱い始めたのは、
リシケシでヨガトレーニングを受講しはじめた7年前からのように思います。
そしてそのきっかけが顕現したのは自分以外の誰かと関わったからで、
やっぱり人と関わり、人は磨かれるのね。
なんてことを実感する1週間でした。

flower

今年は、この気づきが誕生日プレゼントのようです。
お祝いのメッセージをくださった方々、ありがとうございました。
今歳も邁進いたします。

さて、外でレッスンをしていて、
「アカンダヨガって何?」
と聞かれることが多く、なら一度にご説明する機会を作ってしまおうと思いました。

2015年5月5日(祝) 川西でインド・リシケシのアシュラム体験☆

なるイベントをいたします。
お時間が合う方、ぜひふらりとお立ち寄りくださいまし。
チャイを飲みながら、インドの四方山話に花を咲かせるという会です。
2015年9月にリシケシで開催されるYTTの説明も兼ねておりますので、
ご興味のある方はぜひおいでください。

***************************
☆アカンダヨガティーチャーズトレーニングコース☆
2015年9月24日~10月23日

インド・リシケシでのアカンダヨガティーチャーズトレーニングコース(RYT認定)
日本語サポートをメロウヨガが担当します。
ヨガの聖地リシケシで、アシュラムで生活をしながらヨガを学んでみませんか?
ご興味のある方はリンクをご確認ください。
***************************

がけっぷちの気迫

一昨日の夜、部屋から出るとリビングで母親がテレビを見ながら寝てしまっていて、
テレビを消そうとしましたが、番組に引き込まれてついそのまま見てしまいました。

プロフェッショナル、面白いですね。

今回はコンシェルジュの草分けである女性が主人公でした。

いくつか印象的だったシーンと言葉達を覚書。

お客様が満足しない時、素の自分は自分の問題ではなくお客様のワガママだと思うこともある。
けれど、満足しないということは、提供して欲しかったお客様の中での正解が必ずあって、
ここにいる自分がそれを提供できなかったということ。

他にも、彼女が部下の男性の仕事ぶりを見て苦言を呈するシーンがあり、

無難にこなしてない?
手の中で仕事をしない。

無難にこなすというのは守りに入っているということ。もっと攻めの仕事をしよう。

うろ覚えの部分もありますが、趣旨はこんな感じでした。
特に前半の自分の感情と現実を客観視しているあたり好きですね。

“私”と感情を同一視しないようにする。

私はこれをヨガ哲学を通して学びましたが、
コンシェルジュというフィールドだとそうなるのかぁと唸ってしまいました。

あと

手の中で仕事をしない。

は今の私にとって金言。
つい安全圏を見積もって、その中で動く傾向があるので、
たまには自分を追い詰め、突き抜けることが大事なのかもしれません。

20150217-133504.jpg

がけっぷちTシャツ。
ちょっと欲しい。

さぁ、ヤントラのWSはいよいよ今週末❤️
準備がとても楽しいです♪

視野を広く

練習のルーティンの中で、股関節とハムストリングス群を
あれでもか、これでもか!と、つっつきまくるというものがあります。

基本的に股関節が強い私。
とはいえ、なぜかわかりませんが右の股関節が定期的に固くなる(?)時期がやってきます。
以前は2009年の3月と2013年の3月なので、3年前と6年前。
一回目はバッタコナーサナ2回目はウパヴィシュタコナーサナ、
今回はプラサリータのときにピキッと来る。
場所は右もも付け根から右膝内側にかけて。
右股関節に屈曲と外転、あと少しの外旋の動きを入れますと、

あ、ごめん。もうやめて。

と、膝と足の付け根が訴えてくるのですが、最近は右の仙骨回りも怪しい。
これはちゃんとケアせねば。と思いあれやこれやと試しています。

少しずつ調子を見て行く中で、全体的に筋力が落ちているなと感じまして、
自分の練習の中に筋トレ的なことをメニューに入れています。
ついでに解剖学の復習にもなるので一石二鳥。
なんとなく遠ざかっていた身体を知る作業も、必要があるからこんな形でまた目の前に現れてくるわけで、
目の前のことに影響されすぎるのはしんどくなるけれど、
それらと少し距離を置いて向き合ったり、同じ方向を向いてみたり。
時に視点を変えてみるのは大切です。

パンチャカルマの後は、全身すっからかんだったので、
そこから生まれた身体の癖はやはり思考とリンクしてるなーと感じました。

さっきググってみましたら、右股関節の関わる感情は「怒り」らしい。

思い当たる怒りに近しい感情といえば、
たとえば私にとって、おせっかいだと感じることがあるとします。
行為をする人はは親切心、時に無意識でその行動を取るのですが、
それは行為を行う人の思い込みや押しつけでしかない事の方が多くて。
ほんとうに親切で人を思いやる人って、おそらく相手に見えるようにはしないはずで、
何かしら見えるよう、気づかれるように、また言葉で投げかけるってことは、
無意識の支配的願望の表れなんじゃないかなと感じるのです。
過去の私はそれに抵抗したくて仕方が無かった。
また、そう感じる自分を認められなくて、それが外へ向かって、怒りのようなものに変換されていたなーと。

自分がその過ぎたはずの感情を大切に抱きかかえているから、
似たような場所に、3年毎に体に出てきているのだと、すこし可笑しくなりました。
戦っても仕方がない過去の自分自身と戦うってなんだかね。
しっぽにじゃれて疲れ果てる猫のような感じ。

あほらし。と感じたら視野が広がってきた証拠なのかも。

さ、練習しよかな。瞑想してから寝よ。

***************************

2015年2月 ヤントラペインティングWS開催します!

今回のテーマはガネーシャヤントラです☆
日本でも人気のあるガネーシャの神話との象徴する意味等も説明していきます。
色と形と音のWSです。

***************************
☆ティーチャーズトレーニング☆2015年9月24日~10月23日
インド・リシケシで開催される、
アカンダヨガ ヨガティーチャーズトレーニングコース(YTT)では
日本語のサポートが受けられます。
ヨガの聖地であるリシケシで、一緒にヨガを勉強しませんか?
ご興味のある方はリンクよりお気軽にお問合せください。
***************************

 

ひとと比べないこと

確定申告も無事終わり、今はウェブ関係の整理をしています。
基本ズボラさんなので、書類関係をほったらかしにすることが多くてよく泣きを見ていますが、
部屋の掃除なんかはマメな方です。このバランス感覚が自分でも不思議。

さて、ホームページやレッスンの内容等を整理するにあたって、お仕事柄リサーチをいれていく時があります。
これも誰から教わったわけではなく我流なので、あっているのかどうかまったくわからないのですが、
とりあえずこんな感じで5年ほどやってきました。

リサーチを入れて、分析をしているときにふと自分の軸がブレるときがあります。
あ、これが今のトレンドだな。
あ、こんなWSが今求められているんだな。
あ、こんなのうちでもできないかな。
ただ分析しているつもりでも、こんな感じでつい思いめぐらしてしまうせいか、
自分の立ち位置や今できることがおろそかになると申しましょうか。

ヨーガを色々なスタジオでクラスを持たせていただいているときもそうでした、
これ!という伝えたいと(思っている)ことだけが先走って、内容と実態が合わない。

これ、私の中の軸がブレてるからなんです。
時間的なズレを含め、ひと(外の何か)と比べている結果、
今していることと、今できることが合致していないから起こる。
「できること」っていう表現がなんだか後ろ向きで、
どこか逃げにはいってしまっているような印象をかつての私は持っていたけれど、
逃げとしてとらえるのはもうやめたいです。

ヨーガでは、「今」にとどまり、それをそのまま受け入れることを大切にしていて、
リシケシのYTTではそれをまず最初に「コンシャスコミュニケーション」という言葉で学びます。
コースは共同生活なので、絶対何かしら事件が起こるものですが、
どのような状況下でも何かを一方的に判断をせず、
今の状態をただ受け入れることができると事態はそこまで悪化しませんね。
決して簡単ではありませんけど。
ただそれを心がけて1か月前後過ごすことで生まれる視野の変化はおもしろかったです。

ある尊敬する行者さんは、

「誰にも会わず、山にひきこもるというのも確かにヨガの方法だけど、
うまくバランスを取らないとエゴが増大してしまって、ちっともヨガじゃなくなるんだ。
だから山から下りて、人とかかわる中で自分のエゴを学んでいくことが大切なんだよ。」

と言ってました。

外界とかかわり自分を見直す中で見えてくるものは、エゴでもあり自分の軸でもあって、
どちらも知らないままいてももちろんいいけれど、知らないのはなんだか残念な気がします。
だから、”今”目の前にいる人や物にしっかり意識を向けていきたいと思っています。
遅くなりましたが、たぶんこれが今年の指針になりそう。

それにしても、お仕事をしているはずなのに、こう思考があっちゃこっちゃに飛び回るのはヴァータの質のせいかしら。
またギーをサボっているのがばれてしまう。ちゃんと飲まなきゃなぁ。

***************************
2015年2月 ヤントラペインティングWS開催します!
今回のテーマはガネーシャヤントラです☆
日本でも人気のあるガネーシャの神話との象徴する意味等も説明していきます。
色と形と音のWSです。

***************************
☆ティーチャーズトレーニング☆2015年9月24日~10月23日
インド・リシケシで開催される、
アカンダヨガ ヨガティーチャーズトレーニングコース(YTT)では
日本語のサポートが受けられます。
ヨガの聖地であるリシケシで、一緒にヨガを勉強しませんか?
ご興味のある方はリンクよりお気軽にお問合せください。
***************************