色・イロイロ

キッチン用品・食器が好きです。

日本にいる時、揃えた真っ白なカーラの食器セット。カーラの食器は、シンプルで、スタッキングしやすくて大好きですが、ベトナムに来てからは色物の食器が気になります。前のサービスアパートに引っ越してまず買ったのは、ショッキングピンクの大皿と、ベトナム航空の機体の色をしたボウル、それに黄緑のスプーンの3点セット(いずれもプラスチック製)12万ドンくらいでした。

そのプラスチック製の食器セットは、キッチュでとても可愛かったのだけれど。使い始めてすぐに、プラスチック製の食器の上に食べ物を置いても、食べ物が美味しそうに見えないことに気づきました。その後、大皿はまな板になり、ボウルはコーヒーのカスを乾燥させるための場所として使用しています。まぁ元々しのぎだったので良いといえば良いのですが。

現在のアパートに引っ越して、大家さんが用意してくれていたパスタボウルのセットはセラミック。ずっしり質量があって気に入っていましたが、色は真っ白。どこか物足りなさを感じていました。

そこで今週末。2区はモックフーンスパ横にできたSadec Districtにふらりと入りました。amaiの存在は知っていましたが、目の前にしたらもう出れない。

img_1190

組み合わせて遊んでいたらどれも欲しくなり、つい。。。。

img_1192

帰って来てから、早速ご飯を載せてにやにや。日本でも販売しているようですね。でもこちらの倍はするようで。そうなるとちょっと手が出ないなぁ。ベトナムで購入しても、決してお安くはないのだけれど、それで日々の生活が潤うのなら高い金額ではないと思います。ますます自宅が快適に。出不精まっしぐらです。

amai Facebook page

 

今年一年の総決算

会社員生活も早くも3ヶ月を過ぎ、先月はお引越しをしました。会社からはやや遠くなりましたが、2区はスーパーや、インテリアショップがたくさんあって楽しいです。ようやく腰を据えて生活環境を整える気になっています。

もうすぐ春分。今年一年を振り返るのには適しているタイミングなので、つらつら思い返して見ましたが、インドツアーではチャレンジもしたし、たくさんいい出会いもあった。でもこと、自分の成長という面でいうと、なんだかとても変わったようで、何も変わっていない1年だったなぁ。。。おそらく、表面上だけでなんとなく動いてきた、”リアクション”の結果だからかもしれません。

去年末、思いがけず「不快」と感じる状況に2回ほど巻き込まれたのですが、その時に出てきた私の声は、

「分離を俯瞰せよ」

でした。何か問題が生じた時に、どうにかうまく纏めようと無意識に反応してしまいますが、そもそもまとまらないから問題として現実に浮かんできたわけで。それを小手先でどうにかしようともがくからますますうまくいかなくなる。ドレッシングを作っている時に、酢と油を混ぜれば一旦は混じったように見えますが、放置すると分離します。お互い反発する性質ですが、サラダを美味しく食べるには酢もオイルもどちらも必要。酢が、オイルが主張しててもしょうがない。それをお互い認めることができれば、分離してようが乳化してようがまぁ、いいお互いバランス見つけましょうよ。という選択肢が出てくるのではないかと思います。すると問題はそもそも問題ではなくなる。認知の問題ってやつです。

ー他の幸福を喜び、不幸を憐れみ、他の有徳を欣び、不徳を捨てる態度を培うことによって心は乱れなき静澄を保つー                   ヨーガスートラ1−33

人間関係を円滑に進めるための金言です。不徳を捨てる。というのはなんだか強い表現でしっくり来なかったのですが、私が受講していたトレーニングテキストでは 相容れない相手には平静を。という訳になっていました。私はこの訳の方が心に響きます。

状況や誰かと合わないなー。と、感じたとき。つい惰性で、悪く見られたくないから。その方が人間関係が円滑に進むから。なんて言い訳百万遍でモヤモヤしながら関係を継続することありませんか?その時に違和感を解消したいと思えるなら、もちろん全力で調整する努力をした方がいいけれど、それでもうまくいかない場合や、そもそもその関係性が重要でないと気づいた時点で、速やかにその場やその関係から離れてもいいのだと思います。立ち位置や行動の基準となる哲学の違いに気づいた場合、調和するレベルのものかどうかはある程度予想がつきますし、時間は貴重!人生は短いですから、自分の感覚を指針にして、もっと尊重してもいいのだと思います。行動派に見られがちですが、自発的行動より受動的行動が圧倒的に多いので、平静の境地に至るまで時間がかかります。青いなぁ。いつ成熟するのかしら。

ヴィシュワジが、反応するのではなく自ら行動すること。なんて言ってましたが、反応・受動的行動(リアクション)に支配されていたと、つくづく実感できたのがこの1年の収穫だった。なので、この春分からは、自発的行動(アクション)ベースで、成長の段階に変えよう。

もう少し内観しよう。次のサイクルも、良い一年にしよう。

 

ごまかし

8年ぶりにかつて同じ職場で働いていた先輩とお茶をしました。

FBでばったり巡り合った彼女はいつもとかわらず優しくて、時間が経っていることを感じさせず若々しいまま。お会いして、私がその職場を辞める時、ちょうどヨーガのインストラクターとしての歩みを始めてほどなかった彼女と、ヨーガや健康的な食についての話等をエレベーターの中でしたことを思い出しました。当時私は腰痛持ちで、彼女のすすめもあってオフィスの近くにあったホットヨガスタジオに通い始めたのでした。今思えば私の人生の中でかなり影響を与えてくださった方です。

今彼女は、指導していたスタイルから少し離れ、今は新しいものを勉強されています。客観的に観ると静なものから動のものへの変化なのですが、その動の要素は彼女の中にずっとあったもの。

「今思うとヨガの先生ってこんなものっていう思い込みからそれを続けていたのかも。じっとしてられなくなってね。ふふ。」

と彼女は仰っていましたが、ヨーガに限らず何かを継続するって自分の中にある思い込みを見つけては外していく作業なのかもしれない。

今やっていることが、なんだか表面的なものに感じられたり、合わないと感じたときにそれを継続するのは苦痛なもの。それでもそれを続けると自分が決断した結果ならよいのです。そうでもなく、「なんとなく」の状態は、それは自分をごまかしているだけだと思います。自分の心に従って方向転換する勇気と、今までのことに感謝はすれど執着はしない姿勢。そうするとおのずと道は開ける筈。

8年前の私と今の私は何も変わっていないけど、まぁなんとかなるなる。と、構えられるようになったのは齢を重ねた結果か、はたまたヨーガの成果かしら、ね??

Be simple

ずっと目をそらしていた現実に向き合う時が来た。

カードは何枚かあるのだけど、この状況にどれが一番ふさわしくて、

どれを私が使いたいと感じているのか見定める作業をしなければ。

ひとまず不自然さを感じるものを見直して、必要とあれば手放します。

まずは身辺整理から~♪

Live your life, be good, do your best.

 

雨降って地固まる

雨が降ると頭が重くなる。この感覚は春先に強くでます。

新しいことを始める前に、今までの環境から離れる必要がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。スタジオでもあれ?しばらくお見受けしないなーと思う方がちらほらでてきて、数か月後に「実は転勤したんですよー」なんてご報告を受けたりすることが多いのです。そんな弥生も中ごろにさしかかって、今後の展望等の調整を入れなくてはいけないなと私も感じておりまして、常識的に考える安全な選択と、リスクのある欲求の間でゆらゆらしていたのですが、どんな安全パイであっても100%はありえないのだから、素直な欲求に従うのもよいかもしれない。と、ようやく自分に許可を出せました。

この不安定な状況から許可を出すにまで至れたのは、心を揺さぶられる記事を呼んだのがきっかけでした。読後気づいたことは、むにゃむにゃ感じるフラストレーションは、コケる、退避することへの恐れから来ているということ。たとえコケたとしても、七転び八起きを繰り返す中で受け取っているもの、また知らないうちに渡しているものがあるのだとしたら、それはどんな形であれよいはずです。「コケても糧にする方法が絶対あるはずだ!」と躍起になっている時の思考や体はガチガチであることが多くて、既にコケたという事実を認めきれていないなんてことありませんか?その時点でコケる前の状態に引きずられた選択しか出てこないんですよね。仮にその瞬間にその失敗から糧にする方法が無いように感じた(今自分が気づけなかった)としても、とりあえずまた立ち上がって歩きはじめればそのうち何かに気づくかもしれない。要は、その瞬間に何かを過剰に求める思考は、現状維持への執着のあらわれなのではないかと思うのです。

生きていればどうにもならないことにも出くわします。それはただ自分、相手、環境のうちのいずれか、もしくはすべてが準備ができていないからどうにもならないように感じるのかもしれないし、役割を終えたという単純な理由かもしれない。もちろんうまくいかなかったことに対しての分析なり適度な反省は必要かもしれないけれど、そこにいい悪いはありません。だから、人生の中で何かしらの関わりを持った、もしくはその場所にいあわせたということには、素直に感謝の気持ちを持ちたいものです。私も人間なので、もう関わりたくないと思う人や物事もないわけではありませんが、呪うような気持ちは毛頭ありませんし、そこまで暇でもありません。各々の道で健やかに過ごしているならいいなと思います。そうして過ごしているうちに、まったく新しいフィールドで過去の何かや誰かと関わることも出てくるかもしれない。そういう機会があったら、その時にははじめての映画を見るように新鮮な気持ちで向き合う自分でありたい。

春分の日までに、足元をまっさらにしてから固めよう。
そんな決意とともに始まった雨降りの水曜日です。

IMG_2699

以前告知していましたインドツアーの件ですが、申し込みが最小開催人数に達しそうです。
サーチャージが0円ですし、先ほどチェックしましたら、3月9日現在の1ルピーのレートは1.6円前後と、かなりお得。2円に到達しそうな時もあったのに。。。
ショッピングを楽しみたいという方にはこのうえない機会となりそうですね。
申し込み締め切りは3月18日までです。お悩み中の方はお早めにどうぞ♪

ヨガってなんだろう?

ここ最近、がっつりヨーガ関連の本ばかり読んでます。
今まで自分のフィールド内のものしか触れていなかったのだけど、
今回はちょっと違う角度からのマニュアルです。

cropped-img_0544-21.gif

新しい知識を得ることで、情報が混乱してしまうような気がして、
約1年くらいパタッと本を読むことをやめてしまった時期があります。
今も以前ほどむさぼるように読むということはなくなりました。
必要な時にあ、あそこにあの情報があったなー。と浮かんだものを調べる程度。

でもようやく再びインプットする時期が来たのかも。
回避してきたものを知ることで中にあるものがリンクして、
今までやってきたことが確信になりつつあるように思います。
この機会を与えてくれた先輩に感謝しかありません。

言語化するのがまだ少し難しいのだけど、
私の理解するヨ―ガの全体像が少し見えたような気がするんですよね。
違う角度から物事を見るのって大切だー。

そんなわけで、来年からのクラス内容。
変えるつもりはないけど、変わるかもしれません。

ふふふ。楽しみ♪

いまのわたしができること

専心・献身

なんて言葉が先月からよぎっております。
それは私にとって、今目の前にあるものを大切に発展させることかな?と思っていたけど、
もしかしたら、新しい第三の道があるのかもしれない。

楽しくなってきた!

やっぱり英語やらないと!!
そしてずっと目の前にあったサンスクリットもやらないと!!!
それらが全部来年の糧になる。

冬至まではあとすこし。
今回終わらせることは、過去の私にとってある意味社会生活に等しいことで、多少なりとも思い切りが要ります。
でも、それでこそ次のフィールドに気兼ねなく行ける。
手持ちの駒はそろってるのだ。あとはワタシの覚悟だけ。

flower

そっちじゃないよ。

ということを、世界は如実に知らせてくれていたのに。
それを曲解したり気づかないようにさせていたのは、私の中の汚れだな。
いま気づいていることもじつは全然違うのかもしれない。

それでも、

今私ができることを精一杯する対象は、

“それ”

なのです。