タロット・隠者・RISHI

昨日書いた、人として生きる。という決意表明。
実は前々からちらついてた理由のひとつは、タロットです。
私のバースカードは9番、隠者。

image

求道、というか道を照らす。内省等もキーワード。
まぁ、端から見るとあまり幸せそうじゃないけど、本人は幸せ。
というカードだと思っています。

で、噂のセイクレッドインディアンタロットでは

image

まんまやん。みたいなね。
リシ。仙人のカードです。

精神修養をいくらしても、人間は人間である。
それを知ることで、自己を可能な限り拡張させる。

というメッセージ。ファンタジー・メルヘン要素あまり無し。
だから瞑想とか、山籠もりとか、
籠ってしまいがちな傾向もあるのだけど、
私にとってはそれが心地いいからしているだけ。

タロットの面白いところは、カードに親しむにつれて、
連想ゲームのように自分に必要な部分がクローズアップされてくるところです。
フラワーエッセンスもヨガも一緒で、
要は自分の感覚を信頼する為のエクササイズのようなものだと思っています。
自分の感覚を信頼するために必要なことは、何かを継続すること。
私の場合はヨーガだったり呼吸法だったりするのですが、
継続することで得た感覚が一つのガイドになるのだと思うのですよ。

これも多分人によりけりなので、「あくまでも私の場合。」ということを付け加えますが、
私が今まで教わってきたこととはかけ離れていないので、
たぶん私のほかにも当てはまる人がいるんじゃないかなぁ。とも思う。

人でも物でも、何でも「先生」に成り得る。でも、「船頭多くして船沈む。」
の諺通り、たくさんあると混乱してしまうので、「先生」ってそんなにいらない。
一番頼りになるものを、皆個々の中に持っているので、それを意識できるよう促すのが、
ヨーガをお伝えするというお役目で大切なのかなーと思ってます。
ずーっと感じてた、「先生」と呼ばれることに違和感を感じるのはそこ。

そんなわけで、このブログを読んだ方、「先生」禁止です。
さん付けかちゃん付けで今後よろ。

広告